読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいこの育児とまんが感想日記

日々の育児にまんがの感想を書いています

漫画家とヤクザ ネタバレと感想 1巻 

こんばんは。えいこです。

ちょっと刺激的な漫画。女性の中で人気が高まってる

「漫画家とヤクザ」読んでみました。

 

[http://:title]


漫画家の木嶋 累。食べるには困ってはいないそこそこの漫画家ですが、

仕事以外はものぐさで毎日担当者に急かされる日々。

 

新しいヒットを生むためにもっと色々な経験したほうがいい。

恋愛とかどうなのと担当者に聞かれるも

「恋愛ってよくわからんし、めんどくさそうじゃないですか」

仕事ばかりしている彼女は今までに男性経験無し。


そんな時

「ピンポーン」


宅配と思い、不用意にドアを開けて前に強面の男。

「木嶋累さん?」

目の前にいたのはヤクザ兼金融屋の社長の吾妻 啓吾。

累は以前、同級生である八代に借金の連帯保証人を頼まれ、締め切り前で時間もなく、粘られしぶしぶサインしてしまっていた。
その八代が借金を残したまま、行方をくらましたという。

 

「借金額は600万円今ここで耳を揃えて返済しろ」

 

「多分貯金を下ろせば400万円くらいなら…

 

変わった女だなと様子を見ていた吾妻はふと累の胸元を見る。

胸はないがノーブラ。Tシャツの下で立っている乳首。

 

「こういう地味な女が実はすげ~エロかったり・・・」

 

吾妻は提案します。

 

「返済待ってやってもいいぜ。セックスさせてくれたらな」

 

強引に部屋に入ってきた吾妻。うろたえる累だが

 

「初めてだから価値とかわからない・・・」

「返済待ってもらえるなら・・・」

 

吾妻は笑いながらも胸を触り、累にキスして、舌を舐めます。
舐めらたことがないに累は初めての妙な気分・・・

 

「あっ・・やばい・・・」

 

そんな累を見て妙な興奮をしていく吾妻はエスカレートして・・

 

~感想~

ヤクザなのに吾妻の紳士たる対応がすごくいい。こういう男性が理想と思えるくらい。

キャラの設定で強引に行くのかと思いきや、随所に累を気遣う優しさ。

すごくいい漫画でした。

 

ぜひ読んでみてください。試し読みできます。

 

 まんが王国はこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 [コミックシーモア]ラブコレフ 漫画家とヤクザ