読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいこの育児とまんが感想日記

日々の育児にまんがの感想を書いています

寝たきり天使~ふたごっ子 真帆と真海~ ネタバレ  涙が止まらない!家族の愛がすごい!

こんばんは。

えいこです。

 有木さん一家の実話です。

 

 

 

「もう少しでお外に出れるね。」

「お外ってどんなところかな。楽しみだね。」

 

お腹の中で会話する2人の双子の赤ちゃん。

自分たちの両親はどんな人なのかを楽しみにしている様子。

 

父親ソーシャルワーカーとして働く有木良。子どもたちからは

「かるいね。茶髪だ~。」のコメント。

母親は大学をでて仕事をし始めた24歳のマキ。

 

妊娠したことを良に伝えると

「おれたちまだ若いから・・・」と煮え切らない様子。

そのことを聞いたマキもあっさり

「そうだよね。」と電話を切る。

あまりのあっさりさに驚く良と子どもたち。

電話ではあっさり言ったものの悩むマキに着信。

 

「産みましょう。産んでくださいよ。結婚しましょう。」

一時はどうなるかと心配した子どもたちでしたが

無事に産んでもらえることに。

そして、子どもたちが産まれる日を迎えます。

 

妹の真海ちゃんは元気に生まれ、みんなから喜ばれていました。

良の両親が30年前に考え名前をつけた姉の真帆は2000gと小さく

保育器の中へ。

 

そして、退院の日。マキと真海は退院し、真帆だけはまだ入院。

心配するマキを励ます良でしたが、実は医者から検査が必要と

良にだけ告げられていました。

「検査ってなんだよ・・・」

 

募る不安。

 

3週間後、退院の許可が出た真帆。いよいよ家族全員での生活を

張り切っていた2人に医師から告げられた真帆の症状は

「脳回欠如症の疑い」があると言われ、専門の小児科医の検査を

余儀なくされます。

 

 

元気に泣く真帆を見てそんなはずはないと落ち込む2人。

 

3日後、小児科医からの検査結果は

「滑脳症」

日本に数十例しかない病気。

余命は2年半。寝たきりで運動機能や知能に遅れもあり、

呼吸困難になってしまうこともあると告げられます。

 

「大丈夫、真帆は大丈夫。」

 

と願ってた二人の緊張の糸が切れます。

 

大泣きするマキ。

 

良はマキを抱きしめ、

 

「自分たちにできるだけのことをしてあげよう」

 

そう誓って4人の生活が始まります。

 

 

しばらくの間涙が止まりませんでした。

 

是非ご覧下さい。

 

まんが王国で無料で読めます。

 

 まんが王国はこちらから

 

[http:// :title]