読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいこの育児とまんが感想日記

日々の育児にまんがの感想を書いています

穴殺人 ネタバレ  ちょっとグロくスリリングなまんが

 

こんばんは。

4児の母えいこです。

なんかこの間「生贄投票」読んでかちょっとスリリングな漫画を読みたいと

思ってしまい・・・選んだのはこの本笑

 

 

 

2浪中の身で予備校をやめてしまい、親から激怒され仕送りを止められ引きこもり生活

を始めて1年。ついに、預金もつき、各種の料金を払えなくなる主人公黒須。

「生きる目的が見当たらない」

ライフラインが絶たれる前に自らの命を絶つために金具に、縄をかけて実行。

しかし、金具が壊れてしまい、あえなく失敗。壁ごと壊れてしまい、となりの部屋が丸見えになる。穴をのぞくと・・・

 

「若く美人な女性!」

 

その夜から生きる目的が見つからなかった黒須に目的ができる。着替えから食事など彼

女の私生活をのぞくことが希望の光となる。

 

のぞき生活を始めて一ヶ月。

いつもより帰りが遅い彼女。その後ろを見ると見知らぬ男。

男は突如彼女を襲い出す。

 

「助けなきゃ・・・」

慌てて携帯電話をもって通報しようとするが、電話を止められてることに気づく。

「どうすれば・・・」

何も出来ぬまま焦りだけが募る黒須。

「僕が助けなきゃ・・・」

 

「サクッ!!」

 

突如彼女がカッターをもって男に反撃・・止まらぬ彼女の手・・・

その光景を震えながらやがて気を失ってしまう黒須。

気がついたときに時計は1時間を過ぎていた。

目の前で起きたことを警察に知らせなきゃ、彼女を助けなきゃ、色々な思いが交錯しながら廊下をうろうろしていると

「ガチャ!」

突如開く彼女の家の扉。

平然と挨拶、そして自らを名乗ってしまう黒須。

「よかったら夕飯を食べてくれない?」

彼女から誘われるがままに部屋に入る。

 

ご飯らしいご飯を食べていなかった黒須に美味しいご飯。

彼女の優しさからさっきのは夢を見ていたと思うようになる。

ご飯を終え、彼女の優しさを貰い帰宅する黒須。

「彼女からまた遊びに来てね。」

彼女の名前は宮市莉央。知り合いとなったからには穴塞ごうと思うが、欲望に勝てず3

分で諦める。穴をのぞく生活をさらに続けること3週間。

再び男を連れてくる宮市。そこで起きたのは・・・

三週間前に見たのと同じ光景。

幻覚じゃなく目の前の事実を見届ける。

「笑っている彼女・・・」

 

見てない、見てない、見てない。考えないようにしてい黒須のもとに

 

ピンポーン♪

 

インターホンがなり、玄関をのぞくと笑顔の宮市がそこに立っている・・・

 

 

 

 

面白かったです。これから黒須と宮市の関係が深くなっていきます。

続きがどうなっていくかが楽しみです。多少、グロテスクなところもあるので、苦手な方は遠慮しておいたほうがいいと思いますが、謎めいた宮市の存在感に光を見出している黒須。今後の二人が気になる作品でした。

 

 

まんが王国で100ページほど読めるのでオススメですよ。

 

 

まんが王国はこちらから

 

今日も読んでいただいてありがとうございます。