読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいこの育児とまんが感想日記

日々の育児にまんがの感想を書いています

ふくろうの家 ネタバレ 保育士さんへ感謝の思いが増します~

こんばんは。

 

4児の母えいこです。育児の合間を見て趣味の漫画を読んでいます。

 

私は4人の子どもを保育園に預けていたので保育士さんにとても感謝しています。

 

そんな気持ちがこみ上げてくる漫画。今、子子どもを保育園や幼稚園に預けている方、

 

そうでない方にもオススメな漫画がこちらです。

 

 

 

子どもが大好きで保育士になったみゆき。

 

家から徒歩15分で行ける新宿の繁華街の保育園

 

「ふくろう保育園」に勤めることに。

 

繁華街の保育園とあって朝7時から夜8時まで預けることができるため、

 

周りの方からはとても助かっていると評判の保育園。

 

期待と希望に満ち溢れながら保育園で勤務を開始するみゆき。

 

勤務していくうちに徐々に明らかになる保育園の実態。保育士としての心がまえを

 

身につけていくみゆきに大きな出来事が待ち受けています。

 

夜8時を過ぎたとき、保育園内で39.8℃の熱が 出てしまった子ども。親に連絡をす

るが、連絡が取れず仕方なく園で預かることに。

 

「園長の対応は甘い!」と1人の保育士がいうとみゆきが反論。

「園長の対応は間違ってない!」思わず出た口が発端となり、翌日の夜間勤務を

1人で行うことに・・・。

 

覚悟をしていたみゆきでしたが、子どもたちの動きは予測不能でパニック状態。

そんな時、先日熱を出した子の母親が子どもを迎えに来ます。

 

「風邪をひいちゃって・・」と明らかに嘘をつき笑顔で迎えに来る母親。

母親に子どもが病気しているのに心配じゃないかと尋ねると

「私、あの子のことが嫌いなの・・・」

 

その一言にみゆきが子どもへ抱いている思いを母親にぶつけていきます。

 

みゆきの思いを聞いた母親のとった行動は・・・

 

 

親が子どもを大切にするのが当たり前なのですが、仕事とはいえ他人の子どもを真剣に

 

接してくれている保育士さんに頭が下がります。こんなに大変な保育士さんにもっと感

謝すべきだと思いますし、今うちの子供たちが元気に育ってくれているのも保育士さん

たちのおかげだと感じさせていただいた一冊でした。

 

 

私はこの漫画をまんが王国の試し読みでよみました。

 

漫画が気になる方は是非こちらからご覧下さい♪

 

 

まんが王国はこちらから

 

 

 

今日も素敵な漫画に出会えました! 読んでいただいてありがとうございます。